top of page
検索
  • miyatakesinkyuseik

眼精疲労

眼精疲労とは視作業(スマホ、パソコン、ゲーム、テレビ、映画など)を続けることにより簡単に眼が疲れ、近い距離の視力低下、物がぼやけてみえる、眼の痛み、頭痛などを訴え、時には悪心(気持ち悪さ)、嘔吐をも起こすような状態のことをいいます。


今の時代スマホやパソコンがないと仕事や生活ができないデジタル社会となり、過度の眼の酷使による眼精疲労を訴える方が非常に増えてきています。また眼精疲労に加え、首のこりや肩こり、スマホを見る姿勢の悪さからスマホ首(ストレートネック)、デスクワークでの座り姿勢の悪さや座りっぱなしに伴う腰痛になってしまう方もとても多いです。


眼精疲労は眼への血流を良くすることが大切です。凝り固まった筋肉をほぐし、全身のバランスを整えることで血液を障害されることなくスムーズに隅々まで巡らせることができます。そのため当院では、スローコアを用いて全身の調整を行っています。また、手技や鍼の施術、姿勢、ストレッチ、運動療法を指導し、症状の改善および予防をはかっています。


気をつけなければいけない症状

①初期にはしばしば眼精疲労を訴えるが、しだいに進行の緩徐な視力障害や視野の狭窄が生じる。(原発開放隅角緑内障)

②眼精疲労、異物感、搔痒感などの自覚症状を根強く訴え、特に夕方になると強く感じることが多い。(慢性結膜炎)

③遠近の視作業の別なく生じ、特に起床時から午前中に苦しく、昼から夕方は楽であると訴えることが多い。(うつ病、ヒステリーなどの神経性)

以上の3つの症状にはカッコ内のことが考えられるので眼科を受診するなどして注意しましょう。

                                   記入者 加納

   


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は血管を若々しく保つ一酸化窒素についてです。 血管内には、血液の通りを良くする機能が備わっています。その一つが「一酸化窒素」の存在です。 一酸化窒素とは、血管内皮細胞の中で体内にもともと存在するアミノ酸の一種アルギニンが、同じアミノ酸のシトルリンに変化する過程で作り出される物質です。その働きは血管を拡張し、血流を促す作用や詰まり、血管壁のダメージを修復するなど、血管の老化を防ぐ大切な役割があり

今日は血管の老化とはどういう状態をいうのかです。 まず、健康な血管はしなやかで弾力性があり、状況に応じて伸縮させながら血流を調節する機能が高い状態です。 血液の通り道もきれいな丸いパイプ状になっています。 それに比べ老化した血管は、まさに逆の状態。しなやかさも弾力性も失うので、硬く、もろくなり、詰まりやすく、破裂しやすい状態です。 例えるなら、まるで使い古しのボロボロのゴムホースです。 この状態の

今日は血管の老化とその要因についてです。 身体や肌の老化は普段から気にしていても、血管の老化に気づく人はなかなかいません。 血管も身体や肌と同じように、年齢とともに老化していきます。 さらに脂肪や糖質の多い食事、多量の飲酒、運動不足、喫煙などの生活習慣や大気汚染、食品添加物、電磁波など日常に受ける過度のストレスは、活性酸素を過剰に発生させる要因となり、血管の酸化と糖化を促進し、たとえ実年齢が若くて

bottom of page