top of page
検索
  • miyatakesinkyuseik

身体が重だるくないですか?

更新日:6月27日

梅雨入りしましたね。

このように雨やジメジメした日が続くと身体の重だるさやむくみといった症状が出ていませんか?

これは東洋医学でいうと「湿」が体内に停留している状態のことをいいます。

この湿というのは湿気の水分を想像していただくとわかりやすいと思います。

梅雨時に多湿の影響でタオルがなかなか乾かないのと同様に、身体でも余分な水分を体外に出しづらくなってしまうため、重だるかったりむくんでしまうのです。

この状態が続いてしまうとイライラしたり下痢をしてしまったりと悪い症状が次々に出てきてしまいます。

この症状にぴったりのツボがあります。それは「豊隆(ほうりゅう)」と呼ばれるツボで膝と足首のちょうど真ん中のすねの位置から外側に指を滑らせていくと少し凹む所があると思います。そこを押してみてください。

このツボは湿を取り除き、胃などの消化器系に良いとされています。

押すだけでも効果があるのですが、より効果があるのが鍼灸治療です。

鍼の刺激によって滞っている湿を取り除き、症状を変化させることができます。

当院では鍼灸治療をおこなっていますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

                                   記入者 加納



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は血管を若々しく保つ一酸化窒素についてです。 血管内には、血液の通りを良くする機能が備わっています。その一つが「一酸化窒素」の存在です。 一酸化窒素とは、血管内皮細胞の中で体内にもともと存在するアミノ酸の一種アルギニンが、同じアミノ酸のシトルリンに変化する過程で作り出される物質です。その働きは血管を拡張し、血流を促す作用や詰まり、血管壁のダメージを修復するなど、血管の老化を防ぐ大切な役割があり

今日は血管の老化とはどういう状態をいうのかです。 まず、健康な血管はしなやかで弾力性があり、状況に応じて伸縮させながら血流を調節する機能が高い状態です。 血液の通り道もきれいな丸いパイプ状になっています。 それに比べ老化した血管は、まさに逆の状態。しなやかさも弾力性も失うので、硬く、もろくなり、詰まりやすく、破裂しやすい状態です。 例えるなら、まるで使い古しのボロボロのゴムホースです。 この状態の

今日は血管の老化とその要因についてです。 身体や肌の老化は普段から気にしていても、血管の老化に気づく人はなかなかいません。 血管も身体や肌と同じように、年齢とともに老化していきます。 さらに脂肪や糖質の多い食事、多量の飲酒、運動不足、喫煙などの生活習慣や大気汚染、食品添加物、電磁波など日常に受ける過度のストレスは、活性酸素を過剰に発生させる要因となり、血管の酸化と糖化を促進し、たとえ実年齢が若くて

bottom of page